三国FANTASY(ファンタジー)のリセマラや攻略について。〜rpg x ar〜

三国FANTASY 三国ファンタジー リセマラ 攻略 〜rpg x ar〜

512x512bb-1

スマホアプリゲーム「三国FANTASY(ファンタジー)」。
言わずと知れた三国志が舞台のゲームです。
三国志ファンであれば是非ともプレイしていただきたいゲームですね!

⬇︎まだダウンロードしていない方はこちらから無料でダウンロードしていって下さい!⬇︎

三国FANTASY 〜RPG x AR〜

三国FANTASY 〜RPG x AR〜
無料

スポンサーリンク

三国FANTASY(ファンタジー)をプレイしてみた

img_0932

三国志というとシリアスなイメージがあります。
戦争ですからシリアスなのは当たり前です。
しかしこの三国FANTASY(ファンタジー)はちょっと違います。

全体的にキャラクターだったり、ストーリーが可愛いのです。
というのも、ストーリーは三国志を舞台にしたオリジナルのもの。
貂蝉が超強かったり、張角がちょっとイケメンだったりします。

主人公もオリジナルの主人公。
男性はイケメンですし、女性は可愛いです。

img_0937

こっちが男性主人公。

img_0938

こちらが女性主人公。

早速プレイしてみると、劉備達が戦っています。
しかし苦戦しまくっていて、貂蝉と呂布にやられてしまいます。

img_0933

img_0935

img_0936

そこへ主人公が登場。
劉備や関羽、張飛よりも強いです。

しかし何やらすごく強そうな敵が現れ、やられそうになります。
が、そこは主人公。
すごい力を発揮して倒してしまいます。

img_0939

img_0940

劉備が名前だけでも・・・と言って、主人公の名前を入力することに。

主人公は男性と女性で選べるのですが、ここで注意したいのが能力が少し違うということ。

男性は攻撃タイプ。
女性は防御タイプです。

どちらでも気に入った方でいいですが、初心者は攻撃型の男性の方が攻略しやすいかもしれませんね。

そして早速ガチャ。
ここは孫尚香が固定です。

img_0945

しばらくは孫尚香がチュートリアルのナビゲート役になってくれます。
しかしセクシーで可愛いですね〜。

そしてチュートリアルはしばらく続きますが、戦闘は基本的にオートなので覚えることはシンプルです。
スキルのタイミングだけ自分で決める感じですね。

img_0943

とてもサクサク進めるのでちょっと空いた時間にプレイするには最適なゲームだと思いました。

スポンサーリンク

三国FANTASY(ファンタジー)はリセマラが無い

img_0942

タイトルまんまですが、リセマラはありません。

「◯回目で武将確定」というタイプのガチャなので、リセマラしても武将が入手出来ないのです。
そして、IOSだとデータが残ってしまうのでどちらにしろリセマラは出来ません。

素直に攻略に勤しみましょう。

当たりガチャ

img_0944

  • 劉備
  • 曹操
  • 孫権
  • 貂蝉
  • 董卓

これらのキャラクターが星4の最高レア度のキャラになります。
劉備、曹操、孫権はわかりますが、貂蝉が武将として出てくるのが凄いですね。

そして董卓は強くてもあまり使いたくない・・・。

星3のキャラクター

  • ホウ統
  • 魏延
  • 黄月英
  • 夏侯惇
  • 蔡文姫
  • 甄姫
  • 夏侯淵
  • 于禁
  • 歩練師
  • 魯粛
  • 大喬
  • 周泰
  • 張角

星3のキャラも一覧にしておきました。

普通三国志だと男性キャラばかりになりそうですが、女性キャラも多いです。
どのキャラもとっても可愛いのでライトユーザーもプレイしやすいのではないでしょうか。

動画

こちらは動画です。
どんなゲームか知りたい時はやはり動画が一番説得力があります!

三国FANTASYの感想

img_0934

三国志好きな方だったら文句なく楽しめるのではないでしょうか。

私は好きな方なので三国志のゲームは結構遊びますが、このゲームはとてもライトに遊べます。
超本格的な三国志ゲームを遊びたい方にはもしかしたら合わないかもしれませんが、どなたでも遊びやすいゲームに仕上がっています。

三国志ファンはもちろんですが、あまりよく知らないって方も十分楽しめると思いますよ。

 

⬇︎というわけで、まだダウンロードしていない方はこちらから無料でダウンロードしていって下さい!⬇︎

三国FANTASY 〜RPG x AR〜

三国FANTASY 〜RPG x AR〜
無料

スポンサーリンク

コメントする

コメントは手動で承認している為、反映するまでにお時間がかかることがございます。何卒、ご了承下さいませ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ