フェルンズゲートの魅力紹介!リセマラや攻略情報

フェルンズゲート リセマラ 攻略

png.1 (2)

ケムコ製の異世界転生系RPG『フェルンズゲート』のご紹介です!
昔懐かしいドット絵がよく動いて、ワクワクします!こういうゲームを待っていた、という方も多いのではないかと……!

フェルンズゲートのゲーム内容

ゲームを始めると、まず課金するかしないか選べます。課金すると広告が消えて、さらに1000ジェムついてくるという……はっきり言ってしまうと、1000円くらいなら課金しても損はない出来だと思います。それくらい気合入ってます!
そこをぐっと抑えて、とりあえず無課金の方向で進めようと思います!

☆ガチャまでの道のりが長いので、リセマラは不向き?

何と言ってもこのゲーム、小一時間プレイしないとガチャまで辿り着けません。イベントスキップもないです。
リセマラするくらいの時間をかけるなら課金したほうがマシなんじゃない?と、じわじわ思ってしまいます。

これはゲームが面白くなければ通用しないやり方なので、すごいことです。
それだけ『フェルンズゲート』は良作なのです!

スポンサーリンク

☆古き良きRPGをスマホで

スマホで昔のRPGがリメイクされているのはよくあることですが、新規タイトルでここまでしっかりした作りなのも珍しいと思います。しかも基本無料ですよ!
最初にモードを選んで、自分にあった難易度にできるのもよいですね〜。

EASY→NORMAL→HARD→KILLの順に難しくなっていきます。得られる経験値もそれに比例するようです。
時間がなかなかないという人はイージー、腕に覚えのある方はハードやキルで挑んでみるのもいいかもしれませんね。

png.3 (2)

戦闘画面はこのように通常攻撃かスキルか魔法で攻撃するスタイルです。
スキルを使うとクールタイムというのが発生して、何ターンかはそのスキルを使えなくなります。戦闘後は元に戻ります。

png.6 (2)

スキルを使うとゲージが溜まって超必殺技を使えるようになる他、スキルのレベルもアップするので、使える場面でどんどん使っていきたいところですね。

png.5 (2)

移動は画面上の十字…じゃないですね、八字キーで動き、右下のボタンで調べる、話しかけるなどができます。簡単操作です!

png.7 (2)

エンカウントは昔懐かしのランダムエンカウントとなっております。お嫌いな方もいらっしゃるかもしれませんが、歩いていて理不尽なほどエンカウントするわけでもないので、サクサク進めたい方にもストレスにならないかと……。
町や村とダンジョン間は、基本的にマップ移動でラクラクです。

png.10 (2)
メニュー画面もこんな風に、タッチで飛べる楽ちん仕様です。いい時代になりましたね。

☆王道でありながら王道をくずしていくスタイル

png.8 (2)

異世界から魔王が降臨して、それを食い止めるために戦う異世界の主人公たち……と聞くと
、とてもよくあるお話だと思いますが、主人公も劇中で「そんな漫画とかゲームみたいな……」というようなメタ発言をしています。

png.2 (2)

この世界では食事は必須ではなく、寝るだけで生きていける。趣味の一環として料理があって、料理はマナ水と草と想像力でできているので、肉料理もなにもかも全部草でできているという……斬新です!

スポンサーリンク

RPGのあるあるをちょっとした会話の中で崩していく感じが新しくて、その辺も見どころだと思います。
何より、パーティ全員の名前が変えられる!

「何言ってんの?そんなの新しくも大したこともないじゃん!」とお思いの方もいらっしゃるでしょうか、これは昔からのゲーマーにとっては大事なことで、あるのとないのでは没入度が段違いなんです。

主人公を自分の名前にして、好きな子の名前をかわいこちゃんにつけよう!→実はかわいこちゃんは正ヒロインではなく、友達の名前をつけたはずのパーティの男とくっついてしまった!

そういうビターな思い出を、大人は誰しも心の中に持っているものなのです。png.9 (2)

昨今のゲームはほぼ声がついているので、名前を変えるとボイスが不自然になる関係もあってか、主人公はともかくパーティキャラの名前まで好きにできるのって実はあまりないですよね。
そういう意味でも、大人にとっては懐かしく、若い人にとってはあまり馴染みのない体験になることうけあいです。

楽しみ方が違うかもしれませんが、ぜひ照れずに愛しのあの子の名前を入れてプレイしてみてください。
『フェルンズゲート』、ほんとに面白いですよ!やって損はないと思います!むしろやらなきゃ損です!

スポンサーリンク

コメントする

コメントは手動で承認している為、反映するまでにお時間がかかることがございます。何卒、ご了承下さいませ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ