ちょこっと爆裂三国志の魅力紹介!リセマラや攻略情報。

ちょこっと爆裂三国志 リセマラ 攻略

画像1

ちょこっと爆裂三国志がリリースしました!
皆さんがご存知の三国志に出てくる人物が小さくなって大暴れします!

海外製のアプリですがよくできていました。
そしてこのアプリのリセマラや見所、レビューなどをしていきます。

ちょこっと爆裂三国志の魅力紹介

対応機種・動作環境
・iOS7.0以上(iPhone、iPad、iPod touch)に対応。

ちょこっと爆裂三国志の始め方や見所、リセマラについて
ダウンロード後アプリを開くとインストールが始まります。
インストールが終わるとこんな画面になります。
サーバーが選択できますので、お好きなサーバーを選んでゲームスタートを押します。

画像2

ゲームスタートを押すとボイス付きでエピソードが始まり、エピソードを進めるとともにチュートリアルも進めていきます。

スポンサーリンク

最初のチュートリアルを終わらせると主人公選択画面になります。
主人公は未来から来た設定になっています。

画像3

こちらは主人公(男)です。
変革で偉業を成す野望を持っており重度の女好きな設定になってます。

画像4

そしてこちらが主人公(女)です。
争い事は苦手で早く元の時代に戻ることが望みで、重度のイケメン好きです。

主人公は2人とも異性が大好きなので、その分ストーリーもギャグ要素が多くて、
かなり楽しめるストーリーになっています。

キャラ選択が終われば、次は自分の名前を決めるのですが。
もし、なにもこだわりがない場合は横にあるサイコロをタップすることでランダムに名前が変更できます。

画像5

ここまで進めたらゲームが開始します。チュートリアルに沿って攻略していけば操作方法などは分かります

画像6

戦闘画面はこのようになっており、右下にあるアイコンの黄色いゲージがキャラクターの体力です。
画像7

その横に青いゲージがあります。このゲージは必殺技ゲージになっており溜まるとキャラクター専用の必殺技が発動します。
この必殺技ですが、一人で発動するのもいいですが二人溜まった状態で横にスワイプして二人のアイコンをなぞると連携技が出せます。
画像8

このように二人で連携して通常の必殺技よりさらに強力な技をだせます。
画像9

必殺技には攻撃や回復など種類があるのでパーティ構成が楽しく組めそうです。

ストーリを進めるとガチャが引けるようになります。
ガチャもチュートリアルなので進めるうちに引けるようになります。初回は無料で引けますのでお得ですね。その後からは有料アイテムのダイヤが300個で引けます。
画像10

ガチャを引くとこのようにキャラが手に入ります。
ガチャの当たりですが、全キャラ育てると強いので狙ってリセマラをする必要はなさそうです。
当たりのキャラクターをピックアップします。
・文鴦
・諸葛孔明
・関羽
・周瑜
・呂布
・左慈
・曹操
・孫堅

スポンサーリンク

パーティの人数ですが主人公を入れて最初は3人編成です。その後レベルを上げることによって、パーティ編成人数が解放されていきます。

次にやるのは、キャラクターの強化です。キャラクターの強化はアイテムを使います。アイテムはストーリークリア時の報酬などでもらえます。
画像11

キャラクターの強化以外に神化というのがあります。わかりやすく言うと限界突破みたいになっており、専用アイテムを使うことによって大幅に強くなります。
画像12

その次にするのが武器や防具の装備です。
装備はストーリークエストクリア時や、クエスト途中の宝箱からドロップします。
装備の有無でステータスが大幅に変動するので積極的に装備しましょう。
画像13

そしてストーリークエストを攻略していくのですが、ユーザーレベルは10レベルまで上げるのがいいでしょう。
レベル10に成ると遠征という機能が追加されます。
画像14

この遠征は指定された敵を倒して、スコアを競う機能です。
スコアごとに報酬があります。いいアイテムなどがもらえるので積極的にプレイしたらいいでしょう。

ちょこっと爆裂三国志の評価レビュー

画像15

やりごたえがあるゲームですね。
ボイスやエフェクトが派手でプレイしていると楽しいです。
中国アプリで所々中国語ですが、ストーリー上の会話やボイスはすべて日本語でした。

キャラクターも小さくなり可愛くなっていますし、何より三国志が好きな方には是非お勧めのゲームです。
三国志をあまり知らない方でも可愛い女の子キャラやかっこいい男キャラもいるので強化育成するのが楽しいです。
プレイしたことがない方は是非一度プレイをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントする

コメントは手動で承認している為、反映するまでにお時間がかかることがございます。何卒、ご了承下さいませ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ